○ ‘ヴァーストゥ(インド風水)’ の視点より、他者の言動に違和感を覚えるのは、意識の境界線を越える侵害であることを理解いたしました。

○ 土地や建物の境界を越えて立ち入る「侵害行為」と同様に、意識の境界線を超え、他者を侵害してしまう理由は、「自分の場に満足できていないこと」にあると考えられます。
それは、カルマの法則を理解することによって、「過去の自分の行動に起因していること」が理解できると思います。

○ しかし、私たちの社会には、他者の場を侵害する要因と考えられる構図 ― 現代のカースト制度とも言える ‘ 層 ’ も存在します。
人間が勝手につくった階層社会では、「当てはめられた層(社会における立ち位置・生きる場)」と、意識の純粋性=霊性において「本来在るべき層・環境 ― ヴァーストゥ」とは一致していないのが残念な現状です。

◎ 無意識であれ、悪意がなかろうとも、他者を侵害することは決して許されることではありません。
カルマの法則を理解し、他者を侵害することなく現状の改善をめざすこと、
それが、自分が活き活きと純粋で在る場 ― “ ヴァーストゥ(VAASTU) ” 確立の第一歩となるのです。

◎ ヒマラヤハウスでは、本来在るべき純粋な環境を、 ‘ヴァーストゥ’ と表現し、
『 空間ヒーリング® ― 環境と意識の純粋な活性化 』 をひたすら広く構築することをミッション(役割)としています。
空間ヒーリング® Art の活用により、決して他者を侵害することなく、私たちの意識を含めた全ての環境に ‘ヴァーストゥ’ の確立を共にめざしていきましょう。