○ 自分の育った時代と異なる時代背景の環境とのギャップを感じることはありませんか?
人々の意識は取り巻く環境により変化し、その環境が変化する理由のひとつに、時代背景があります。
時代背景による環境と意識の変化について、事例を用いて考察しました。

○ 子供の教育において、昔話の改変により自然の摂理の学びが失われ、順位づけしない徒競走の理由は、見せかけの調和と捉えられます。
また、草食系世代のひ弱さを常態とする風潮もあります。
戦う意思を削ぐような今の環境には、事なかれ主義の蔓延が懸念されます。

○ 対照的に、東京大学の価値観には、戦う強さが脈々と受け継がれています。
これより、人は自らの意思をもって、戦う強さを貫くことができる、と考えられます。

◎ ご自身の環境と意識を客観視してください。
全ての環境を活かすには、強さが求められ、真の強さは純粋性に支えられます。
ヒマラヤハウス® は、純粋な創造こそが、本来あるべき環境―公共性 を構築し、真の調和を成すであろうと理解しています。
共に戦う意思と覚悟をもって、純粋な創造を成していきましょう。